記事詳細

【住まいの処方銭】リフォームで感染対策(3) リモコンを使いノブに触れずに玄関ドアを自動開閉 (1/2ページ)

 自宅に帰ってきたときに最初に手で触れるのは玄関のドアノブだろう。家族だけでなく、宅配など複数の来訪者が触れる場所でもある。消毒するなら、まずここからだ。

 そんななか、リクシル(東京都江東区)は9月、リモコンを使いノブに触れずに玄関ドアやカギを開けられる「DOAC」(ドアック、写真=リクシル提供)を発売した。今ある玄関ドアにも後付けで、電動サムターンや電動ドアオープナーなどで自動化できる。

 荷物で両手がふさがっている際にもリモコンのボタンを押すだけで開く。最大3~5メートル程度離れた位置からでも開けられるため、車椅子やベビーカーでも便利だ。ドアが閉まると自動的に鍵も閉まる。

 リクシルのジャパンコミュニケーションズ部の酒井亮介さんは「発売前から多数の問い合わせがありました。車椅子を使われている方などから『今までドアを開けるのが大変で、待ち望んでいました』という声が寄せられていました」と話す。

 リモコンと電動サムターンがそれぞれ1個のタイプなら20万8000円(工事費と税別)。電動サムターンとリモコンが2個あるダブルロックタイプもある。リモコンは、これらを合わせて最大8個までを1個6000円(税別)で、追加できる。

関連ニュース