記事詳細

【家電の世界】光触媒技術でキレイな空気 カルテック・パーソナル空間除菌脱臭機「ターンド・ケイKL-P01」 (1/2ページ)

 カルテックが発売する首掛けタイプのパーソナル空間除菌脱臭機「ターンド・ケイKL-P01」が注目を集めている。同社公式オンラインサイトでの販売価格は1万4800円(税、送料込み)。

 クラウドファンディングのマクアケでは3905人が応援し、100万円の目標額に対して、応援購入総額が約90倍の8982万円に達した実績を持つ。

 同製品の特徴は、光触媒技術を用いていることだ。光触媒フィルターに光を照射すると、強力な分解力を持つ活性酸素(OHラジカル)が発生。この活性酸素と汚れた物質が吸着し、水と二酸化炭素に分解。浄化されたキレイな空気を実現するとしている。

 同社独自の技術によって光触媒の表面積を飛躍的に広くすることに成功。悪臭成分や有害物質などを分解する性能を大きく向上させているという。

 また、同社の光触媒搭載の除菌脱臭機が、新型コロナウイルスに対する感染力抑止に効果があることが、理化学研究所の協力のもと、日本大学医学部との共同試験で実証されたという。これは実使用環境での効果を示すものではないが、同社では、「光触媒の有効性について実生活への応用を検証するための足掛かり」としている。

 パーソナルな空間の空気清浄を行う同製品の本体サイズは32×15ミリ、重量は75グラムと小型軽量化を実現。付属のストラップを使って首掛けにかけたり、本体に付属しているクリップで胸ポケットなどに固定したりして使用できる。同社独自の光触媒技術によって、除菌、脱臭された空気を、本体上部の吹出口から放出することで、自分の周りの空気が浄化できるという。

関連ニュース