記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】社長の一存で就業規則が変更された…諦めるしかない? (2/2ページ)

 使用者が就業規則の変更によって労働条件を変更する場合、労働契約法第10条により、「労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の事情などに照らして合理的であること」「変更後の就業規則が労働者に周知されていること」などが必要です。

 表彰に関する規定は就業規則に定められているはずであり、使用者は労働者に就業規則を周知する義務があります。

 現在どのような定めになっているのか、会社として今後どのような手続きをするのか確認し、就業規則変更手続きの要件や社員は制度廃止に反対していることを同僚の方と一緒に、まずは会社や社長に主張してください。

 「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合づくりの相談などにも対応しています。

 職場での悩みや疑問、お困りのことがありましたら、お気軽にお電話ください。(連合企画局 関根新太郎)

 ■サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース