記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】エコノミー症候群対策に効果 長距離移動に着圧靴下 (2/2ページ)

 男女問わず履ける23~27センチで税別1200円。同右の“車中履くソックス”はつま先のごわつきが気にならないよう縫い目無しで、靴を脱いで過ごしやすい足裏クッションが施されている。M(23~25センチ)とL(25~27センチ)の2サイズあり1000円。長距離移動の強い味方だが、災害時の備蓄品として非常持ち出し袋に入れておきたい。

 天気予報で気圧を表す単位にhPa(ヘクトパスカル)があるが、靴下でも着用時の皮膚を押す圧力の単位として使われている。着圧が強すぎ血行不良やかぶれなどになるのを防ぐために、両方とも足首が24hPsでふくらはぎが16hPsと適度な着圧で脚への負担がかからず快適に過ごせる。着圧靴下は今の時代の必需品だし、タルミやズリ落ちしにくいので見た目もきれいな靴下といえる。

 ■執行雅臣(しぎょう・つねおみ) ファッションジャーナリスト。福岡県出身。中央大学卒業後、文化出版局入社。『装苑』『ハイファッション』『MR・ハイファッション』などの編集長を経てフリーに。毎日の街歩き情報をブログameblo.jp/3819tune1224/)でつづっている。

関連ニュース