記事詳細

【トップ直撃】徹底した食事管理で美ボディーを作る! マッスルデリ・西川真梨子代表取締役 (3/4ページ)

 【趣味】なじみの飲食店オーナーに誘われたのがきっかけでサバイバルゲームにどっぷりハマり、事業を立ち上げるに至った。

 「(始めた当時は)人生でこんなに面白いことは、仕事と恋愛とサバゲーしかないと思っていました。生きるか死ぬかの疑似体験ができ、尋常ではないアドレナリンが出るところにひかれました。しかし女友だちを誘っても、サバイバルゲームのフィールドは遠くて、痛くて、汚いという理由から敬遠されたので、サバゲー友だちと『もっと手軽にできたらいいね』と話し合ったのが事業を始めるきっかけになりました」

 【最近購入して気に入っているもの】「あまり物欲がなく本当に必要なものだけを買うようにしていますが、ベランダ用に購入した椅子とテーブルは仕事スペースとしてお気に入りです。コロナ禍で外に出られないことも多いのですが、仕事がはかどるようになりました」

 【仕事以外に熱中していること】月に1回程度、予約しなければ入れない飲食店で食事をする。現在は特にフュージョン料理(多国籍料理)の店へ足しげく通う。「フュージョン料理は、香りや音楽、内装、メニュー表、スタッフすべてがストーリーとして構成されており、食べ物の価値以上のものを提供してくれていると感じています。仕事をする上でも非常に勉強になります」

 【ドラマ】「『梨泰院クラス』や『スタートアップ』『シリコンバレー』をみます。何もない状態から努力や苦労を重ねて成功するストーリーが好きで、そのような体験をすることも好きなので、面白さに加えて学びも得られます」

 【健康法】「週に2回、ジムで無酸素運動を行っています。高タンパク低カロリーの食事を心掛け、6時間の睡眠も習慣づけています」

 【これまでの最高の瞬間】マッスルデリは2度目の起業で、独立後の大きなチャレンジだった。「会社をリリースするまでの半年ほどは、市場リサーチやサービス構築などをしていましたが、どれだけ世間に受け入れてもらえるか不安がありました。しかしリリース後3日で、1、2カ月での販売を想定していた商品が完売し、提携や投資のお話まで受けました。今までにない高揚感や責任感がありました」

関連ニュース