記事詳細

【定年後 難民にならない生き方】シニアのための「動画編集」入門 パソコン・編集ソフトの選び方 (2/2ページ)

 条件を満たしたパソコンと編集ソフトを用意したら、次にやるべきことは?

 「具体的な学習方法は『独学』『スクールに通う』『学べるコミュニティーに入る』の3つに大別されます」

 「独学の場合、いつでも見返せるように入門書を1冊購入するのもいいでしょう。本でだいたいの感じをつかみ、実際に手を動かしてみて、分からない箇所が出てきたらその都度、Google検索で調べる。インターネット上にはさまざまな解説記事や解説動画があるので、これらを参照しながら動画を制作していくことで、編集スキルが上がっていきます」

 独学は面倒という場合は「近所にある動画スクールに通う」「オンラインで開講しているWEBスクールを受講する」という方法が浮上する。わざわざスクールに通わなくても、コミュニティーで学ぶという選択肢もある。

 「番外編として、僕が運営するオンラインサロン『#やわラボ』も紹介させてください。やわラボには『やわラボユース』というグループがあり、毎月2回お題が提出されます。その動画を編集するとフィードバックをもらえます。ベテラン編集者による動画講義もあります」

 どの方法が自分に合っているのか。見極めるためにも、まずは最初の一歩を踏み出してみることが重要だ。

 ■島影真奈美(しまかげ・まなみ) ライター/老年学研究者。1973年宮城県生まれ。シニアカルチャー、ビジネス、マネーなどの分野を中心に取材・執筆を行う傍ら、桜美林大学大学院老年学研究科に在籍。近著に『子育てとばして介護かよ』(KADOKAWA)、『親の介護がツラクなる前に知っておきたいこと』(WAVE出版)。 

 

「やわらかいライブ配信ラボ #やわラボ」(https://community.camp-fire.jp/projects/view/111685

関連ニュース