記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】「オールアバウト」第2のDMソリューションズに 「サンプル百貨店」絶好調、ドコモとも共同事業 当期利益は14期ぶり最高益更新 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス対策として1都3県への緊急事態宣言が発出され数日が経過しました。首都圏の飲食店や百貨店などは、営業時間の時短要請を実施。株式市場では宣言の発出以前から、再び「巣ごもり消費関連」銘柄が人気化しています。

 本業のダイレクトメール事業の利益を大きく上回るビジネスにインターネット事業が急成長したディーエムソリューションズもその1社です。大発会のストップ高を皮切りに騰勢を強め、昨年7月末に800円台にあった株価は半年を待たずに約5・3倍の4400円台に大化けしました。

 大躍進したディーエムソリューションズに続く銘柄として期待できるのが、同じジャスダック銘柄の「オールアバウト」(2454)です。

 オールアバウトは特定分野の専門家がノウハウから業界の最新動向、コラムを情報発信する総合生活ポータルサイトを運営。マネーやライフスタイル、グルメ、趣味、住宅など分野は多岐にわたり、コンテンツマーケティング分野での強みを生かしたビジネスマッチングプラットフォームのテスト運用にも着手しています。

 しかし、今最も注目できるのは、話題の商品がお得に試せるオンライン上の「サンプル百貨店」です。日本最大級のサンプリングサイトで、食品、飲料、日用品、化粧品、ファッション、雑貨などがリーズナブルな費用で試すことができ、緊急事態宣言下でも成長を続けています。

関連ニュース