記事詳細

【トップ直撃】コロナ禍で窮地も、経営スリム化で業界の慣例を打ち崩す! オリジナルTシャツ製造・販売 プラスワン・インターナショナル、新開強社長 (4/4ページ)

 【お酒】「濃いめの赤ワインなどをよく飲みます。食事は肉というか、タンパク質メインがいいですね。夕食はすべてお酒のアテというイメージです」

 【運動】「今は健康目的です。40歳過ぎれば、筋肉も落ちる。この年で脂肪を蓄えるのは見た目にも健康にもよくないので、移動には階段を利用したり、腹筋したりしています」

 【会社メモ】1999年、新開強氏が立ち上げた香川県高松市のセレクトショップを前身として創業。現在までに国内31拠点を展開。オリジナルウエア・グッズの製造・販売などを手掛け、全国の企業や官公庁、団体との取引実績は約42万件、年間ウエア販売枚数は227万枚以上にのぼる。2019年12月に東京都渋谷区に設立したコンセプトショップ「PRINTONE」では写真をプリントしたアイテムを即日製作する『即日写真プリント加工サービス』が好評。19年の売上高は約27億円、従業員数130人。

 ■新開強(しんがい・つよし) 1975年12月17日生まれ、45歳。香川県出身。獨協大を中退し、米インディアナ州立大に留学。留学中にアパレル商品の個人輸入を始め、1998年に帰国後、高松市でプラスワン・インターナショナルの前身となるセレクトショップを開店。ストリートウエアブランド「D-gital」と日本総代理店契約を結んだ。2003年にはオーダーメードのTシャツ製造・販売事業を開始し、04年に本格展開した。

関連ニュース