記事詳細

【ネット騒然銘柄】上値追いが続くバルミューダ 「簡単すぎ笑笑」と高笑いする書き込みも

 昨年12月にIPO(株式の新規公開)を行った2銘柄が躍動した。高級家電を手掛けるバルミューダ(6612)の19日の株価は、前日比17・8%の急騰。すでに上場時の公開価格からは4倍超に上昇している。また、リアル店舗のウェブ体験プラットフォームを開発、販売するプレイド(4165)の株価も、前日比で17・2%の急騰となった。

 2ちゃんねるの株板では「バルミューダ簡単(に稼げ)すぎ笑笑」などと高笑いするトレーダーの書き込みが多く見受けられる一方で、この株に買いを仕掛けているとされる特定のトレーダーへの称賛もチラホラ見かける。プレイドについては、まさにコロナ禍で生きるビジネスモデルが評価されており、やはり強気なトレーダーが多いようだ。

 両銘柄に共通するのは、浮動株(市場に出回る株)が極端に少ないこと。さらに、直近IPOで値崩れする銘柄が多い中、いまだに上値を追っている点。浮動株が少ないと、少ない規模の売り買いで株価が大きく動きやすい。触るなら、いつも以上に細心の注意が必要だろう。(新井奈央)

 【2021年1月21日発行紙面から】

関連ニュース