記事詳細

【ネット騒然銘柄】人気テーマで「ワカル」初値が急騰

 ネット上は、依然として暗号資産(仮想通貨)の話題でもちきりだ。大手株系掲示板やツイッターなどでマネックスグループやリミックスポイント、カイカなど仮想通貨関連銘柄にコメントが集中。他の銘柄の掲示板は閑散としている。

 そんな状況の中、22日はIPO(新規上場)組のWACUL(ワカル、4173)が比較的コメントを多く集めた。同社は「AIを活用したデジタルマーケティングのプラットフォームを提供」という、いかにも人気を集めそうな事業を展開しており、上場後の初値が公開価格の3・4倍まで切り上がるほどの人気ぶりとなった。

 2ちゃんねるの株板には「こんなのワカルかよ」「誰かが(株価を)つりあげてるな」といった、参戦できなかったトレーダーのグチがチラホラ。今年も昨年に引き続き、「IPO祭り」開催となるのか。

 22日は、収益の黒字浮上を発表したセーラー万年筆(7992)や、好調な決算を発表した振動試験装置メーカーのIMV(7760)も多少のコメントを集めた。(新井奈央)

 【2021年2月25日発行紙面から】

関連ニュース