記事詳細

【令和を変える! 関西の発想力】堺市駅のミュシャの絵画に秘められた願い コロナ禍に苦しむ市民への励ましのメッセージ (1/2ページ)

 10月に入って、少しずつ日常が戻ってきました。これからはリベンジ消費にリベンジ観光といきたいところですが、コロナ第6波も気になるので、まずは手近なところで楽しみたいものです。

 そんな機運を察してか、大阪のJR阪和線堺市駅が突然、アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャの優しい絵画に彩られました。駅構内は今、柔らかな日差しが射したような明るいムードに包まれています。

 しかしなぜ堺市駅にミュシャなのでしょう。堺市といえば、世界遺産に登録された巨大な前方後円墳「仁徳天皇陵」や茶道の千利休など日本史イメージが強くて、ヨーロッパのアール・ヌーヴォーとの関係はちょっと思い浮かびません。ただ堺市駅は都市の玄関口となる基幹駅。明確な目的がなければ、これほど目立つ企画はできないはずです。そこで早速、取材しました。

 接点はすぐにわかりました。堺市に住んでいた「カメラのドイ」創業者の故・土居君雄氏が世界有数のミュシャコレクターだったのです。その約500点のコレクションは、彼の他界後、堺市に寄贈されました。堺市はこれを受けて「堺アルフォンス・ミュシャ館」を設立しました。つまり堺市には世界有数のミュシャ美術館が存在しているのです。

 さらにミュシャの絵画には、起死回生の壮大なドラマが秘められていました。

 話は111年前の1910年に遡(さかのぼ)ります。パリで苦学し画家になったミュシャは、故郷のチェコに帰って愛国心あふれる作品を制作していました。そんな中、彼の故郷が新国家チェコスロバキア共和国として独立を果たしたため、ミュシャは新国家のために紙幣や国章などを無償でデザインしたそうです。ところが第二次世界大戦中の1939年、ナチス・ドイツがこのチェコスロバキアを解体し、ミュシャを危険人物として収監してしまったのです。その後、解放されたものの、極度の心労からミュシャは命を落としたと云われています。

関連ニュース