【経済裏読み】中国をギャフンと言わせたパナソニックの「技術力」 暴動から手のひら返し (1/2ページ)

2013.04.01


新商品重点推薦賞を受け取ったパナソニックの担当者(パナソニック提供)【拡大】

 PM2・5の大気汚染が続く中国で、同政府機関の「室内環境監測委員会」が「2012年室内環境保護業界十大ニュース賞」と「2012年度中国室内環境保護業界 新商品重点推薦賞」の2つの賞をパナソニックに贈った。理由はPM2・5の除去性能など、高い機能だ。ところでパナソニックといえば、昨年、中国の工場が暴徒に襲撃され、甚大な損害を受けたはず。健康被害と人命危機を前に、さすがの中国も日本の技術に脱帽か?

■空気清浄機能で高評価

 この委員会は空気など室内環境の国家基準を策定する組織で、2011年12月に設立。表彰は今年1月に北京市内で開かれた、優秀な技術や新商品を表彰する「2012年度室内環境保護業界 新技術新商品表彰会議」(同委員会主催)で行われた。

 パナソニックが受賞した十大ニュース賞は、パナソニックがPM2・5の除去性能が高い商品を市場に投入してきたことに対する評価。また、新商品重点推薦賞は、2012年度に発売した空気清浄機が技術力の高い新商品として評価されたもの。清浄機能と省エネ性能が受賞理由となっている。

 パナソニックは2004年から中国市場で空気清浄機を販売し、12年度に7機種を投入しているが、表彰を受けたのは初めてだとしている。ほかに表彰されたのは、中国のメーカー「亜都」だった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!