「車検」の安い店をネットで探せる? 超お宝クーポンが狙い目

2013.10.10

 Q:そろそろ車検です。前回は車を購入した店に紹介された整備場に頼みましたが、今回はもっと安い店を探したいと思っています。ネットで探すのはどうでしょうか?

 A:車好きの人は自分でメンテナンスしたり、行きつけの整備場に持ち込んで格安に車検を通しているようです。けれど、ボンネットさえ開けたこともないような一般の人にとって、車検の店選びは悩みのタネです。なるべく安く済ませたいなら、ネットから情報を仕入れましょう。「車検」で検索すると、車検の店舗比較サイトがたくさん出てきます。

 中でも、CMなどでも名前をよく見聞きする大手が「カーセンサー.net」や「goo−net」の車検サイトです。どちらもトップページに検索窓があり、自宅の郵便番号を入力すると近くの車検の店を探し出せます。自宅住所から店までのおおよその距離や目安となる車検費用、サービス内容などが一覧表示されます。

 その中から選んだ店に、サイト上から見積もりの問い合わせをすることもできます。「カーセンサー.net」は1日2件、「goo−net」では1回10件まで問い合わせできます。

 また最近は、店舗検索に加えて独自のサービスを提供する車検サイトも登場してきました。「お宝車検.com」は、「車検基本料金」が割引になるクーポン券を付けているのが特徴です。

 クーポン券の割引率は2通りあり、1店舗あたり3枚以上の限定で発行される超お宝クーポンは50−77%オフの特価価格、その枠が終わった後でも49%までの割引価格で依頼できます。3万円前後の基本料金が1万5000円になることもあるわけで、かなりお得です。なぜ、こんなに安くできるのでしょうか。

 お宝車検.comを運営するデータバンク社の難波良紀代表取締役は、「お宝車検.comは普通の広告掲載のような形ではなく、全国1600以上の店舗と直接、完全成果報酬型の契約をしています。そのため、特価になるクーポン券を発行できるのです」と説明してくれました。

 割引がきくのは、お宝車検.com内で「車検基本料金」と呼ぶ部分の価格です。同サイトでは重量税や自賠責保険、印紙代など国や保険会社に支払わねばならない料金を「法定費用」。店舗に支払う料金を一括して「車検基本料金」としており、店に支払う金額を割引するという仕組みです。

 お宝車検.comのもう1つの特徴は、カーショップや整備工場だけでなく、ガソリンスタンドに併設する整備場も多く掲載していることです。日ごろから給油で通っている店で点検できるのは安心です。

 ちなみに、車検の法定費用はすぐに国や保険会社に納めるものなので、ほとんどの店ではこの部分の支払いにクレジットカードが使えません。ところが、お宝車検.comには全額クレジットカードで支払いできる店舗の全国一覧が掲載されています。現金の持ち合わせがなかったり、クレジットカードのポイントをためたい人には必見の情報です。

 車検は2年や3年に1度のことで、仕組みをよく把握していない人もいるでしょう。前述のカーセンサー.netやgoo−net、お宝車検.comには、いずれも車検の内容や流れを説明しているページがありますので、車検前に読んでおきたいものです。お宝車検.comでは電話での問い合わせも受け付けているので、分からないことがあれば電話でも聞けます。

 前出の難波氏は「車検にかかる費用が店によって違うのは、サービスの内容が違うためという場合もあります。たとえば、代車の有無やそのグレード、洗車の質などで違いが出てくるのです。値段だけでなく、サービスについてもチェックするといいでしょう」とアドバイスしています。 (松本佳代子)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!