「物語コーポレーション」小林佳雄代表 二代目ぼんぼんの快“心”撃

★「物語コーポレーション」小林佳雄代表取締役会長CEO(64)

2013.12.29


郊外ロードサイドで100店舗以上を展開する「丸源ラーメン」【拡大】

 「Smile&Sexy」を経営理念に「焼肉きんぐ」「丸源ラーメン」「お好み焼本舗」など全国で275店舗を展開、成長し続ける「物語コーポレーション」。

 代表取締役会長・CEO、小林佳雄氏(64)の母が1号店を開いたのは1949年12月。創業60余年となるが、多店舗展開やFC展開を始めて急成長させたのは小林氏で、ほぼ一代で巨大グループを築き上げた。

 小林氏は、49年1月、愛知県豊橋市生まれ。父はサラリーマン、母は飲食店を3店舗経営している裕福な家庭の出身だった。小林氏は大学を卒業して洋食・フランス料理のコックドールに「腰かけ程度」に入社。結婚もした。「家に帰ればお金持ちの二代目、なんて気だったんでしょうね。人生、なめ切ってますよね」。

 しかし、2年後に戻った母の店「酒房源氏」は昔に比べればガラガラの状況だった。小林氏の必死な提案は受け入れられず、逃げ出して2年後、豊橋のイトーヨーカ堂に「お寿司と団子の店」を出すも失敗する。

 その頃、母が経営する株式会社げんじ(69年に法人化)でも変化があった。「板長が母に、私が以前したのと同じ提案をしたんです。『それならやってみよう』となって」、小林氏も戻り「大衆活魚料理店 源氏本店」として再生。人気店となり、売り上げは3倍になった。

 しかし、小林氏はその板長の首を切った。「彼には今でも感謝しています。でも、生活がちょっと乱れていたんです」。それからが大変だった。小林氏が包丁を握ったが、客がさーっといなくなった。従業員も辞めていく。このとき、「オレ自身が優れた職人になるか、また顔を見に来たくなる店主になるか、どちらだ」と心を決めた。

 必死の修業で豊橋でも1、2を争う腕のいい職人になれた。客足も戻り、「源氏本店」が再び繁盛店になった89年2月、1億5000万円を投資し、「しゃぶしゃぶと海鮮料理の源氏総本店」を豊橋市にオープン。この賭けには、小林氏がもう一度、職人から経営者になれるかどうかという意味もあった。

 賭けには見事に勝利。97年には「物語コーポレーション」へ社名変更した。

 「ぼくがその成り立ちを熱く語れる社名にしたんです」と小林氏は言う。(細見昇市)

 ■ほそみ・しょういち 1963年生まれ、京都市出身。大学卒業後、リクルートを経て93年に戦略型求人広告代理業務「キイストン」を設立。「波乱」に満ちた経営者ら2万人と会ってきた経験を生かし、人材採用コンサルタントとして活躍。当連載名もあえて「波乱万丈」とした。著書に「リクルート式 一瞬で人事担当者の心をつかむ方法」(PHP研究所)など。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!