お転婆な女の子ロンド 親子のように触れあった“家族”

★出口汪監修『きみと歩けば』(2)

2014.02.05


出口すみ子(著)、 出口汪(監修)、 設楽みな子(イラスト)『きみと歩けば』(水王舎)【拡大】

 パピーウォーカー(盲導犬の子犬飼育ボランティア)を始めた当初、私は専業主婦、お父さんは予備校講師で、家は大阪なのに週の大半を東京で教えていました。そして、お兄ちゃんのだいちゃんは中学2年生、弟のみいくんは小学5年生でした。

 黒ラブラドール・レトリバーの女の子ロンド。本当にお転婆で、いつも家中を駆け回り、そのたびに家族は大パニック。正直、パピーを育てることがこれほど大変だとは思っていませんでした。

 でも、ロンドは私たちの5人目の家族として、本当の親子のように触れ合ってくれました。今でも、尻尾をぶるんぶるんと振りながら、子供たちに飛びかかっていく姿が目に浮かびます。

 それなのに−。

 ロンドが突然この世からいなくなったとき、私はその事実をどうしても受け止めることができませんでした。こんなに悲しいのならば、いっそこのまま死んでしまいたいと思ったほどでした。特に子供たちはそれぞれ心に深い傷を負ったようでした。

 でも、後になってはじめて気がつくこともあるのです。ロンドは私たちに無垢(むく)の信頼と、絶対的な愛情を注いでくれていたのです。

 決して人を裏切らない、絶えず愛を表現してくれる存在がいつもそばにいる−。それがどんなに人生を豊かにしてくれるものか、ロンドがいなくなってはじめて分かったのです。

 家族の1人1人が心の深いところでロンドの死を受け止め、それぞれがそれなりに成長していきました。そして、私たちは今、パピーウォーカーを卒業して、繁殖犬ボランティアをしています。(出口すみ子)

 ■でぐち・ひろし 東京都生まれ。関西学院大大学院日本文学科博士課程修了。旺文社ラジオ講座、代々木ゼミナール、東進衛星予備校などの講師で爆発的な人気を博す。論理力養成プログラム「論理エンジン」は、全国の中学・高校で250校以上が採用。『好きになる現代文』シリーズなど著作売り上げは累計700万部を超える。

 ■でぐち・すみこ 大阪府生まれ。大阪府立大卒。予備校講師を経て結婚を機に専業主婦となる。繁殖犬ボランティアとして活動。著書『きみと歩けば』(水王舎)は夫の汪氏が監修した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!