スカイマーク経営危機に エアバス購入ドタキャンで違約金700億円 (2/2ページ)

2014.07.30


今年3月、ミニスカCAと笑顔をみせるスカイマークの西久保社長【拡大】

 2003年にスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)に個人として出資し、社長に就任。保有比率30%超の筆頭株主だ。一時は、低価格路線で経営も好転させた西久保社長だが、スカイマークは12年には安全上の問題が頻発して国土交通省から厳重注意を受けたほか、苦情を機内では受け付けないとする文書を座席に備え付けて問題に。最近も「ミニスカCA(客室乗務員)」が物議を醸した。

 30日の東京株式市場で同社の株価は売り込まれ、一時前日終値比41円(16・4%)安の209円まで下落。2日連続で年初来安値を更新した。終値は前日比34円安の216円となった。

一時は1000億円を大きく上回った時価総額も200億円を下回っている。異色経営者は会社をどう建て直すのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。