「プリン体0・00、糖質0」ビール4社出揃う 機能系ビール類が人気 キリンが「キレ」で高い数値

2014.09.08


左からサントリー「おいしいZERO」、キリン「淡麗プラチナダブル」、サッポロ「極ZERO」、アサヒ「スーパーゼロ」【拡大】

 カロリーや尿酸値などが気になる中高年男性を中心に、ビール類の機能系商品が人気を呼んでいる。それをけん引しているのが、プリン体や糖質をカットした商品だ。中でも“ゼロ”商品への注目度は高く、「プリン体0・00、糖質0」で先行した「サッポロ 極ZERO」に続き、今月2日、アサヒビールが「アサヒ スーパーゼロ」、サントリーが「おいしいZERO」、キリンビールが「淡麗プラチナダブル」という同カテゴリーの商品を一斉に発売した。

 ビール大手4社の商品が出揃ったことは、ビール類好きにとってうれしい限り。

 それでは各商品の味についてはどうだろう。食品や飲料の味覚研究や味覚コンサルティングを行うAISSY社が、独自開発の味覚センサーを使って4商品を分析したところ、ビール類のうまさの決め手といわれる“コク”と“キレ”のうち、コクについては、いずれもほぼ同等の中「淡麗プラチナダブル」が僅差でトップの数値を示した。一方キレについては、同商品が他を引き離し高い数値を記録。それはビールに近い値を示すものだった。また、生理学的基本5味といわれる「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」についての分析も行われたが、これらはそれぞれ一長一短の結果となり、4商品の個性の違いが示された。

 各商品特徴があるだけに、どれを選ぶかは好み次第。じっくり味わい飲み比べ、火ぶたを切った機能系ビール類市場の“ゼロ”戦を盛り上げてみるのもいいだろう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。