不動産業者しか見られないレインズ 中古物件情報を開放せよ (1/2ページ)

2014.12.21


特有の慣習が残る不動産の仲介業界【拡大】

 建築費が高騰したことで、新築マンションの供給が減少している。来年はさらに減るという予想もある。半面、中古の需要が高まっている。「新築がないのなら中古を買おう」というニーズだ。

 それを反映して、東京の都心では中古の価格が上がっている。例えば、今年竣工した新築マンションが早くも中古市場で売り出されている場合、分譲時の販売価格よりも高くなっているケースを散見する。もはやバブルである。

 一般人が中古を購入しようとする場合、まずはネットで物件を探す。ホームズ、ヤフー不動産、スーモなどでは多くの物件が紹介されていてとても便利だ。

 買いたい物件が見つかると、仲介している業者に連絡して見学ということになる。実際に物件を見てみて、気に入れば売買契約を結ぶ。これが普通の取引だ。

 しかし、ネットだけで市場に出ているすべての物件をチェックできているのだろうか。もっと自分のニーズに合った物件があったのではないか、という疑問を持ってほしい。

 実は、ネットでチェックできる物件は、流通市場で売り出されている中古のすべてではない。本当にお買い得な中古は、ネットに出ることなく売買されていることが多い。

 優良物件の売却を依頼された仲介業者が買い主からも仲介手数料を得ようとして、ネット媒体に出さずに買い手を見つけようとするケースだ。業界では「両手狙い」という。これはごく普通に行われている。

 この場合、その仲介業者の活動範囲内で買い手を見つけることになり、ネット媒体を使って広く募集するよりも時間がかかる。また、値引き交渉は入りやすい。

 こういった売り物件の囲い込みを防ぎ、売主にも買い手にも平等に情報を行き渡らせようという制度もなくはない。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。