中国経済「税の使い道ははっきりしていない」 ピケティ氏会見 (2/2ページ)

2015.02.01


講演する「21世紀の資本」の著者、トマ・ピケティ氏=31日午前、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)【拡大】

 ──アベノミクスは、高所得者層が豊かになれば、低所得者層にも富がしたたり落ちる「トリクルダウン」の理論だ

 「トリクルダウンは理論としてはおもしろいが、実効面で機能するのか。過去10年で(世界的に)格差は大きくなっている。経済成長率は、格差が小さかった1950〜70年代の方が現代より高かった。『いずれ富が万人に行き渡る』という保証はない。それよりも、若者に利する累進課税にすべきだ。有期契約労働者やパートタイム労働者の待遇を手厚くするのが、日本の格差是正には重要」

 ──法人税の実効税率の引き下げについては

 「各国が企業を誘致するために実効税率を引き下げれば、グローバル企業が(より法人税の低い国に本社を移して)ほとんど法人税を払わなくていいことになってしまう。日米欧で共通の国際法人税のようなものをつくり、グローバル企業には最低限払うべき税率を設けるべきだ」

 ──中国についてはどう考えるのか

 「所得税に関する統計を地方まで透明化すべきだ。税収額や使い道があまりはっきりしていない」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。