起業準備の時「商標」についても意識が必要

2015.03.10


「商標が登録されているかどうかはネットで調べられますよ」【拡大】

 起業準備のとき、商品名やサービス名を考えるのは大変ですが、楽しいことともいえるでしょう。自分が考えてきたアイデアに名前がついて、世の中に広まる、という夢がカタチになるのですからね。

 その際、気にとめていただきたいことがあります。それは、「あなたの考えた商品・サービス名が、誰かの商標権を侵害していませんか?」ということです。

 商標登録をすると、「商標権」というものが発生します。そうすると、その商標を自社が独占的に使用し、他社に対して、類似のものを使わないでくださいといえることになるのです。

 あなたA社が商標登録をしないまま商品・サービス名を決めて事業を開始した場合、どこかのB社が同じ商品・サービス名を先に商標登録していたとしたら、そのB社の商標権を侵害してしまう可能性があります。

 逆に、自分の商品・サービス名をきちんと登録しておくと、他者が同じ名前のものを使うことを防げますし、商標登録してあるということで、信用が増すでしょう。

 さて、商標登録というと、何だかハードルが高い気もしますね。しかし、商標が登録されているかどうか調べるだけなら、「特許電子図書館」(http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl)を使えば無料で調べられます。

 いよいよ申請しようというときには特許庁に書類を提出します。ただし、審査により残念ながら登録できない場合もあります。

 特許庁に申請する場合は、(1つの区分とすると)まず申請時に印紙代など計1万2000円がかかり、審査を経て登録できたときには2万1900円の登録料(5年間分)が必要になります。自分でこれらの手続きを行うのは、やはり大変だという人は、弁理士報酬が必要になりますが「弁理士」という国家資格を持った人に依頼すればいいでしょう。起業準備段階から「商標」ということを意識しておくことが大切です。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。