創業補助金の採択されるポイントは? 形式的説明ではなく「説得力のある根拠」を

2015.03.24


片桐実央さん【拡大】

 先日、2014年度補正予算による創業・第二創業促進補助金の募集が発表されました。この記事を読んでいる方、まだギリギリ間に合うかもしれません。郵送での締め切りは3月31日17時必着、電子申請の場合は4月3日17時必着となっています。詳しくは創業・第二創業促進補助金のホームページをごらんください(http://sogyo−hojo.jp/index.html)。

 ほんとうはギリギリになって応募するのではなく、ゆとりを持って計画を立ててほしく、弊社でもセミナーを開いてポイントをお教えしたりしています。

 その一部を述べますが、まず、以前にも書いたように、採択された人の事例を見て、ヒントをつかむことです(中小機構のホームページに過去事例がアーカイブされています)。

 そして、募集要項をよく読み、求められているポイントをキチンと書くことです。

 さらに、形式的な説明だけにならないよう、「説得力のある根拠」を示すといいでしょう。

 自分が所属していた業界のことを述べ、自分の考えている商品やサービスは、こういう戦略で販売すると、どれぐらい売り上げが見込める、ということを経験に基づいて説明するのです。

 定年起業にチャレンジするときは、まったく知らない業界・業種でスタートするより、長く勤めて、よく知っている業界を選ぶといいというのは、こういう時の説得力にもつながるのですよ。

 あと、求められている書類の他に、自分が働いていた業界での実績や、考えている商品のラフなどを添付してもいいでしょう。「この人はこの業界のことに詳しいな」と思われるだけでもプラスです。

 もしも今回間に合わなかったとしても、胸の中に「いつかは」という思いがある人は、応募書類だけでもダウンロードして、書けるところだけでも書いてみたらどうでしょうか。定年起業の事業計画を考えるリハーサルになると思います。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。