大塚家具株主総会、娘・久美子社長が勝利 退任の父・勝久氏「私の何が間違っていたというのか!」 (1/2ページ)

2015.03.27


大塚家具の株主総会会場となったビル=27日午前、東京都江東区【拡大】

 お家騒動が表面化した大塚家具の定時株主総会が27日、東京都内で開かれた。大塚久美子社長(47)の続投と創業者で父の大塚勝久会長(71)の退任を求めた会社側人事案と、勝久氏の社長復帰と久美子氏退任を求めた株主提案が争ったが、採決で会社側の議案が賛成多数で可決され、久美子氏側が勝利した。ただ、親子ゲンカで高級家具店の看板に傷がつき、株主からも批判の声が相次いだ。

 「ただいまから第44回定時株主総会を開催いたします」

 グレーのスーツに真珠のネックレスを身につけた議長の久美子氏が宣言し、親子対決の幕は開いた。

 株主提案の説明で父の勝久氏がマイクを握ると、バトルはいきなりヒートアップした。

 「経営をめぐる騒動について不徳の致すところです。クーデターによって1月28日、社長の座を奪われた大塚(勝久)でございます」と切り出した勝久氏。「(子どもは)小さく産んで大きく育てろと言います」とし、「(娘の)久美子社長は大変な難産だった」などとわが子の“反抗”を嘆いた。

 久美子氏側についた三女の夫で取締役候補の佐野春生氏についても、「(出産を)あきらめようと思ったけれども、女房ががんばってできた子のダンナです」と恨み節を口にした。

 現経営陣への非難を繰り返すうちに気持ちが高ぶったのか、「私の何が間違っていたというのか!」「あなたは大塚家具を守ろうという気はないじゃないか!」と声を荒らげて議長席の久美子氏に迫った。一方の久美子氏は「どうぞ席にお戻りください」「ご静粛にお願いします」と冷静にたしなめるなど温度差が際立った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。