サムスン、想定外の冷や水 次世代テレビで“プライバシー筒抜け”騒動 (2/2ページ)

2015.03.28


「聞き耳」疑惑が持ち上がったサムスン電子のスマートテレビ。次世代型テレビとして成長の期待がかかっていた(AP)【拡大】

 サムスンのスマートテレビで問題視されたのは、番組選択を音声で操作できる一部の機能だ。リモコンで音声認識を起動し、「おすすめの映画」といった検索を命じたときに音声データが送信され、解析後に文字に変換してテレビに情報を送り返す仕組みがある。

 CNNによると、サムスン側はこの音声認識技術について、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の音声認識サービス「Siri(シリ)」などと同様の機能だと説明。とはいえ、思わぬ反響の大きさに、サムスンはスマートテレビのプライバシーポリシーの改訂を迫られた。

 「音量を上げる」といった検索機能を使わない指示はテレビの中に音声が保存されず、送信されることもない。このため、改訂前のプライバシーポリシーに書かれていた説明のうち、「テレビの音声操作機能を無効にしても、音声は引き続き記録される」という説明を削除した。サムスンは「音声データを保持したり、他社に売ったりはしない」というものの、プライバシーポリシーの表記があらぬ誤解を生んだ可能性もある。

 テレビの「聞き耳」疑惑は収束の気配だが、サムスンは業績低迷で新たな収益源を開拓しようとしている最中で、製品のイメージダウンによる痛手が懸念される。ネットを通じて個人情報がやりとりされる次世代型家電そのものの課題も改めて示した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。