「靴の臭い」お悩み解決ビジネスを展開 きっかけは客へのサービス

2015.04.28


大村康郎さん【拡大】

 株式会社・明生(めいせい)の大村康郎(やすお)さん(57)の実家は、神戸で靴やアパレルの商売をしていました。しかし、だんだん商売がきびしくなってきます。

 そこで、大村さんが着目したのが、「靴のクリーニング」でした。靴のメンテナンスを受けて、サービスでクリーニングして返すと、お客さまがことのほか喜ぶことに気がついたのです。世の中には靴の「臭い」で悩む人が多いのですね。

 最初はサービスで行っていたのですが、6年ほど前、靴のクリーニングを事業化しようと、「靴洗い.com」というウェブサイトを立ち上げ、東京に拠点を置くため、弊社アントレサロンに支社も構えました。

 大村さんによると、靴の臭いにはオゾンが効果的で、除菌・脱臭をすばやく行う乾燥機、靴の素材に合わせた洗剤などと組み合わせ、効果の高いクリーニングシステムを開発しました。

 「弊社の靴クリーニングのシステムには大手流通からも引き合いが来ています。東京に拠点を設けたのはさらなるBtoB展開のためです。今はまだ規模も小さいですが、FCなどの展開もすすめています」(大村さん)

 神戸と東京の往復生活が続くわけですが、大変ではないでしょうか?

 「自分の好きなこと、お金になること、人に喜んでもらえること、その3つが重なるのが今取り組んでいる仕事です。だから全然大丈夫ですよ!」 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。