大手ブランド“盲信”は危険 資産価値の9割は立地で決まる (1/2ページ)

2015.05.03


購入の際には専門家のアドバイスを受けた方がいい【拡大】

 マンション購入の相談を承っていると「××不動産のマンションはどうでしょうか」的なことをよく聞かれる。実に漠然としている。

 設計についてか、施工精度なのか。価格政策か、アフターフォローの善しあしか。子会社が請け負う管理のクオリティー、それともこれら全部をまとめて?

 マンションというのは、チョコレートや洗剤のような「おいしい」「よく落ちる」といった単純な評価はできない。さらに言えば、1棟1棟が違い、1戸1戸も同じではない。

 突き詰めれば、相談者が検討している住戸に赴き、時間をかけて隅々を見て回った上で最終的な判断が下せる。建物が完成していないと、それも不可能。それでも隠れた欠陥(瑕疵)があるかもしれない。だからこそ、瑕疵担保責任に関する法規が定まっている。

 ところが、大手の不動産会社は自社が開発分譲するマンションに共通のブランド名を冠し「×××だから安心」というイメージを広げようとしている。これには構造的な無理がある。

 ヴィトンやシャネルの商品なら万一、欠陥品に当たっても、正規店で購入していれば即座に交換してくれるだろう。だが、物件の購入者は大手デベロッパーから直接購入しているにもかかわらず、欠陥が見つかってもおいそれとは建て直してくれない。

 某財閥系大手デベロッパーが横浜で分譲したマンションでは、欠陥が見つかってから建て直しが決まるまでに10年以上を要した。それも購入者が自ら見つけた決定的証拠を突きつけるまで、のらりくらりと言い逃れをしてきた。

 マンションというのは価格が高い。またバッグや洋服のように交換できるものではない。私が見てきた限りデベロッパーというのは、外部から言い逃れをできない指摘をされて初めて自らの非を認める傾向にある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。