パナソニック「4K」デジカメ “シャッターを押さなくても”決定的瞬間を撮影 (1/2ページ)

2015.05.13


パナソニックの「LUMIX DMC−FZ1000」【拡大】

 ゴールデンウイークが終わり、小学生を持つ親は、いよいよ運動会シーズンに突入だ。東京都内の小学校および中学校の約9割では、春に運動会を開催するなど、いまや運動会シーズンは春が中心になっている。

 運動会といえば、お父さんの役回りは子供の撮影。使い慣れないビデオカメラやデジカメを手に孤軍奮闘するが、なかなか決定的瞬間を撮影できず、家族に怒られるというのは良く聞く声だ。

 そうした課題を技術でサポートしてくれる製品がある。そのひとつが、パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX  DMC−FZ1000」だ。高画質の4K動画の撮影にも対応、光学16倍のズームレンズを搭載しており、25〜400ミリ相当という幅広いズーム領域を実現しているのが特徴。運動会で、うまく場所取りができなかった際にも、これだけのズームがあれば、かなり「寄る」ことができる。手振れ補正も強い味方だ。

 このデジカメの最大の魅力は、4Kで撮影した動画から写真を切り出すことができる点だ。

 FZ1000の4K動画は3840×2160の画素数で30コマ/秒の記録を実現。これは、1秒間に30枚の4K静止画を撮影しているのと同じで、そのなかから写真にしたい画像を簡単な操作で選ぶことができる。連写機能では1秒間に約10枚が限界だが、動画撮影から切り出すのであれば、決定的瞬間を1秒に30枚という中から選択することができる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。