シャープ、迷走する再建策 リストラ上積み…希望退職3500人募集

2015.05.14


シャープ本社【拡大】

 シャープは経営再建策で、リストラを上積みして国内従業員の約15%にあたる3500人の希望退職を募る。会長、社長を務めた町田勝彦最高顧問(71)も退任する見通しだが、再建策は最後まで迷走が目立った。

 国内の希望退職は3000人の予定だったが、14日付の日本経済新聞によると、500人上積みする。人事制度も刷新して若手を登用する一方、降格人事も可能になる。ベテラン社員が標的になりそうだ。

 最高顧問を退く方向の町田氏は、社長当時に同社を「液晶のシャープ」として急成長させた中興の祖だ。ただ、会長就任後も液晶への巨額投資に傾斜した“一本足打法”が業績悪化を招いたとの指摘もある。

 シャープの再建策では1億円以下に減資する案が報じられ、批判を受けて取りやめるなど、事前の観測報道が飛び交った。電機担当アナリストは「会社や取引銀行、当局がそれぞれ思惑含みで情報を流したことが事態を混迷させた。再建策が出ても先行きが思いやられる」(電機担当アナリスト)とあきれ顔だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。