【デジフジmini】富士フイルム「X−T10」 撮る楽しさを感じさせるデジカメ

2015.06.04


富士フイルム「X−T10」(6月25日発売、レンズキット実勢予約価格税込13万円前後)【拡大】

 富士フイルムのプレミアムミラーレスカメラXシリーズの最新モデル「X−T10」(6月25日発売、レンズキット実勢予約価格税込13万円前後)は小型軽量ボディーで、動いている被写体に強い「新AFシステム」を搭載している。

 位相差AFを搭載したAPS−Cサイズのセンサーと、画像処理エンジンの組み合わせで、卓越した写真画質と、最速0.06秒の高速AF、起動時間0.5秒、シャッタータイムラグ0.05秒、撮影間隔0.5秒の高速操作を実現した。

 また、全77点のフォーカスエリアを用いて、動いている被写体の決定的瞬間をとらえる「ゾーン」モード、「ワイド/トラッキング」モードを新たに搭載。動体撮影性能も大幅に進化した。

 高精細236万ドットの有機ELディスプレーとファインダー専用レンズにより、0.62倍の大型表示倍率と、クリアで高精細なファインダー画面を実現。また、表示タイムラグは世界最短の0.005秒。ファインダーの明るさをシーンに応じて自動で制御することで視認性も向上している。

 ボディーは縦横サイズの適切なバランスと手になじむグリップ形状を追求。色はシルバーとブラックの2色。写真撮影の基本スタイルに最適な操作性能とデザインを兼ね備え、「ファインダーをのぞいて撮る楽しさ」を感じさせるカメラだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。