【「01」発想講座】IoTで発想 「遊び」から生まれた「スマートセンサー」 (1/2ページ)

2015.06.05


「スマートセンサー」【拡大】

 「IoT(Internet of Things)」は、「モノのインターネット」と呼ばれ、いま注目のデジタル用語だ。超小型のセンサー付きデジタル機器を生活用品をはじめとするさまざまなモノに装着してデータを収集し、その情報を人間が参考にするのに使う。わかりやすい例は、センサーを歯ブラシに装着してデータを計測し、磨けていない歯をスマートフォンに通知・表示するといったことなどだ。

 先日見たNHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来」によると、IoTは毎年17%の普及率で、将来的には250兆個、700兆円の市場になるという。こうした先端技術で、新たな市場が生まれる可能性があるのだ。

 そんななか、ソニーから「スマートセンサー」というテニスのフォームチェックをしてくれるIoT機器が発売されたので試用してみた。

 対応するラケットのグリップエンドにスマートセンサーを組み込み、プレーしたデータをブルートゥース通信でスマホに飛ばし、専用アプリでグラフ表示する。「遊び」から生まれた新しい商品で、ゴルフ用もある。

 装着してプレーしてみると、練習のときには「ラケットの芯に正確に当たっていない」ということもあったが、スイングスピードはかなり出ており、好結果に内心ほくそ笑んだ。だが、実際の試合で使ってみたら練習とは裏腹。ひどい結果を突きつけられた。

 練習と違い、試合では打ち返せないところに飛んでくるボールを走りながら打つため、芯にはなかなか当たらない。勝とうとして力ずくで打つとボールを打つ位置がずれる。打球の速度、回転、方向も、全然コントロールできず、自尊心がずたずたにされてしまった。

 スマートセンサーでは、プレーの様子をスマホで動画撮影してショットごとの分析もできる。この結果をテニスのコーチにメールでチェックしてもらったところ、「いつも教えていることができていない」と言われた。その後、「君の特性は○○だから、本番では××しろ」と適切なアドバイスをもらえたのは目からウロコだった。これは、ツールを使いながら解決策を考えていく「現場発想」だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。