【デジフジmini】装着型ロボットが歩行アシスト 「ReWalk」

2015.06.12


(1)イスラエル製の脊髄損傷患者向け歩行アシスト装置「ReWalk」【拡大】

 装着型ロボットが実用化されつつある。写真(1)は安川電機が取り扱うイスラエル製の脊髄損傷患者向け歩行アシスト装置「ReWalk」。下肢まひ者の立位、歩行を実現する装具として欧米ですでに商品化されているものだ。

 認定病院で導入トレーニング(基礎トレーニング:20時間、応用トレーニング:最低20時間)を受けた後、生活圏内で利用できる。事故や病気で歩けなくなった人に希望を与える製品だ。

 一方、写真(2)はパナソニックの筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」。脚力低下に悩む人向けの筋力トレーニング機器で、国際宇宙ステーションでの長期宇宙滞在による筋量低下への対処手法の検証実験を行ったという確かな製品だ。

 ひざトレーナーを装着して歩くと、動作時の脚の動きをボディモーションセンサーが感知し、交互に伸びる筋肉に電気刺激をかけて通常歩行よりもひざ周りの前と後の筋肉を効果的に鍛えることができる。また、着地時に電気刺激をかけて、筋肉を安定させながら歩くことができる。脚力低下や、ひざに悩みをかかえる人に無理のない歩行運動をアシストしてくれる製品だ。

 こういった機器を使わずに済むことが一番だが、普及すればいざという時も安心だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。