電子書籍アプリ「Kindle」 通信環境なくても読める

2015.06.18


(1)【拡大】

 タブレットの画面は大きいので、電子書籍を読むのにも最適。今回は、Amazon(アマゾン)が提供している無料の電子書籍アプリ「Kindle(キンドル)」で電子書籍を読む方法を紹介します。スマートフォンとタブレットに対応したKindleのアプリは、2012年のサービス開始と同時にリリースされていますが、今年1月にWindows版、続いて2月にMac版も公開されました。これで、すべての環境でAmazonの電子書籍が読めるようになりました。

 それではいつものようにNexus(ネクサス)7を使って、アプリの入手方法から説明しましょう。

 ■表紙をタップする

 Kindleアプリは[Googleストア]から入手します。すでにAmazonで何かの買い物をしていて、メールアドレスとパスワードを登録しているなら、インストール後にアドレスとパスワードを入力すれば設定は完了。すでに購入している電子書籍があれば、[ホーム]画面に表示されます。

 読みたい本の表紙をタップするとデータのダウンロードが始まり、完了するとタブレットがネットにつながっていない環境でも読めるようになります=画面写真(1)。移動中に読む場合は、あらかじめダウンロードしておくといいでしょう。

 Kindleの画面設定は、フォント、サイズ、画面の明るさ、背景の色(白、黒、セピア、緑から選択)、余白、行間と、かなり融通がきく設定になっています。画面右上の[Aa]をタップして、自分好みの画面を作り上げていきましょう=同(2)。

 パソコン用のアプリはAmazonのサイトからダウンロードします。Windowsは「for PC」、Macは「for Mac」を選んでください。

 ■直接購入できる

 PC、Mac、Android版のアプリからは、直接Kindleストアに移動できるようになっています。新しい本が欲しくなったら、[Kindleストアでショッピングをする]をタップすれば、いつでも購入できるのです。

 欲しい本が見つかったら、決済して「今すぐ読む」をタップすれば、数分後には読書可能に。なんという効率、なんという時短。本当に便利な世の中になったものです=同(3)。

 アプリさえ入れておけば、自宅ではパソコンの大画面でゆっくり、移動中はタブレットで手軽に、読書スタイルも思いのまま。ぜひ、いろいろな形で読書を楽しんでください。 (テクニカルライター・高橋浩子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。