注目の「ヒューリスティック型」セキュリティソフト 複数の角度から分析

2015.06.22


注目の「ヒューリスティック型」セキュリティソフト【拡大】

 日本年金機構で基礎年金番号を含む個人情報、約125万件が流出した問題。悪意の第三者から職員宛に送られたマルウェア(悪意のある目的をもったソフトウェアなどのこと)が添付されたメールを開封したため、感染したと考えられている。

 このような事態に対処するため、セキュリティソフトで対策を講じるのだが、現在広く普及している「パターンマッチング型」の製品では、新種の攻撃を防御することが極めて難しいとされる。なぜなら新種のマルウェアは一般に流布していないため、事前にパターンを用意することが困難だからだ。そこで今注目されているのが、「ヒューリスティック型」のセキュリティソフトだ。

 「ヒューリスティック型」のソフトは、従来の対策で用いられるパターンファイルなどに依存することなく、複数の角度から分析することで、不正な動きを検知してブロックする。実際にFFRIの「ヒューリスティック型」ソフトは今回の流出で用いられた新種のマルウェアを検知・防御したとして話題となっている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。