音楽配信サービス 無料期間の今がチャンス

2015.06.25


(1)「LINE MUSIC」【拡大】

 アップルが月額制の音楽配信サービス「Apple Music」をまもなく開始すると発表し、音楽好きの間ではどよめきが起こっています。それに先駆けて、あの「LINE」も新サービス「LINE MUSIC」を開始しました。

 オープン記念で8月9日まで誰でも無料で聴き放題。こりゃ試してみる価値あり、と思ったら、もうひとつありました。「AWA(アワ)」という音楽配信サービスで、こちらは3カ月無料で聴き放題。仕掛け人はエイベックスとサイバーエイジェントです。

 大手企業が次々に乗り出している音楽配信サービス。タブレットを持っているなら、試してみない手はありません。ということで、今回もNexus(ネクサス)7で説明していきましょう。

 まずは無料アプリをインストール。LINE MUSICもAWAも、Playストアから入手します。LINE MUSICの場合=画面写真(1)、LINEに登録していることが前提となるので、まだ使ったことがない方は、「LINE」アプリも一緒にインストールしてください。

 LINE MUSICの料金プランは時間無制限の「プレミアム」(月額1000円)と、20時間まで聴ける「ベーシック」(500円)の2種類がありますが、とりあえず8月9日までは無料なので気にせずジャンジャン聴いていきましょう。

 今どきの流行歌はもちろんのこと、ジャズ、ボサノバ、クラシック、映画音楽に演歌まで、さまざまなジャンル150万曲以上の楽曲が登録されています。お気に入りの曲があったら「これ、良い曲だから聴いてみて」と友達にシェアできるのが、なんともLINEらしいところ。音楽の楽しみ方も変化していくんですね。

 一方、AWAも音楽の聴き方を変えると言われるサービスです=同(2)。LINEやAppleと違い、登録なしでいきなり聴けるところもスゴいのですが、制限時間はあるものの聴くだけならタダ! 有料プラン(月額360円と1080円)になるとアーティストやアルバムなどを指定して再生できるようになります。

 こちらもとりあえず3カ月は無料なので、今のうちに中身をじっくりチェックしてみましょう。私はラジオ感覚で仕事のBGMとして使っていますが、なかなか快適ですよ。

 あとはAppleがどう出るかが楽しみですが、音楽の聴き方が変化していくまさにその渦中にいるのだということが実感できるはず。時代の波にのって楽しんじゃいましょう。 (テクニカルライター・高橋浩子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。