ダイヤモンドが「宝石の王様」である理由

2015.12.16

 前回に引き続きダイヤモンドについて。

 宝石といえばルビー、サファイア、エメラルドなど数えきれないほどの種類があるのに、やっぱりダイヤだけは特別で「宝石の王様」。そのワケは輝いてキレイだからと、何といっても「値段が高いから!」なのだが、ダイヤの値段はナゼそんなに高いのか? 調べてみたら驚きの事実が分かった。

 歴史的に見るとダイヤが宝石になったのは15世紀以降。ダイヤは地球上に存在する天然物の中で最も硬い物質なので、昔は誰もカットも研磨もできなくて、単なる硬い石だったが、17〜18世紀にやっと商品化された。

 19世紀後半、南アフリカでダイヤの大鉱山が発見されて、そこに「デビアス社」が誕生した。当初は南アフリカや近隣の鉱山を買収して販売量を伸ばしていたデビアス社だが、さらに次々と大鉱山が発見され、結果的にダイヤは量産=希少価値低下=価格が暴落した。

 そこで、デビアス社は1930年代以降、(1)ダイヤの生産者組合(DPA)を作り、生産量の調整を図る(2)生産されたダイヤは一括でダイヤモンド貿易会社(DTC)が買い上げる(3)買い上げたダイヤは全て中央販売機構(CSO)という組織が販売する…というあり得ない採掘・製造・卸売りの独占システムを作ってダイヤを支配した。

 その仕組みを総動員して、時々に現れた競争相手(企業、組織、イスラエルという国家も)を全部撃退して、今日まで世界のダイヤモンドをデビアス1社が支配し続けている。だから、ダイヤが宝石の王様なのはデビアス社のせいなのだ。

 ■過払い金無料診断ダイヤル102030のテレビCMでおなじみの司法書士法人新宿事務所の社長 ニッポン放送「阿部亮のNGO世界一周!」メーンパーソナリティー

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。