2016年手帳アプリ 「Googleカレンダー」選ぶのが無難 無料版ながら広告表示なく (1/2ページ)

★厳選!定番!!アンドロイドアプリ

2015.12.18


(1)「スケジュールストリート」(無料)【拡大】

 手帳を開くと、もう残りページがわずかなことに気がつく。2016年版の手帳を買わなければ…という今こそ、紙の手帳からスマートフォンの手帳アプリへ切り替えよう。以前にもスケジュール管理ができるカレンダーアプリなどを紹介したが、今回はスマホ上で紙の手帳が再現できるアプリを取り上げる。

 まず、「スケジュールストリート」(無料)を試してみよう。ダウンロード後の初期設定で最初に聞かれるのは、スケジュール情報の保存場所を「スケジュールストリート」にするか「Googleカレンダー」にするか。スケジュールストリートを削除するとスケジュールはすべて消えてしまうが、Googleカレンダーを選んでおけば、Googleのサーバーに残る。Googleカレンダーのデータは他の手帳アプリでも使えるので、Googleを選ぶのが無難だ。

 スケジュールストリートの画面は初期状態では月表示。週表示=画面写真(1)=にするときは画面下の左端にあるアイコンをタップする。ページをめくる(=前の週や次の週を見る)時は左右にスワイプする(指で画面を掃くように動かす)。予定を新たに書き込む時は、目的の日を長押しして全画面表示させ、「+新しい予定の登録」を選び、タイトルや開始日・時間などを入力する。その後、「完了」をタップすればスケジュールが保存できる。

 画面の下に並ぶアイコンは左から月行事/週表示の切り替え、TODOリスト、白紙に自由に書き込めるテキストメモ、声で予定を吹き込めるボイスメモ、手書きメモ。手書きメモは無料アプリの「手書きメモ」をダウンロードするだけですぐに使えるようになる。ただし、無料版は画面下に広告が表示される。しばらく試して気に入ったらメニューから「広告を削除する」を選び、テンプレート(216円)を購入しよう。テンプレートは「ビジネススタイル」が使いやすそうだ。タブレットで使う場合は高解像度の「スケジュールストリートHD」(無料)がある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。