ラスベガスの家電見本市「CES」で見かけた“同時洗い”洗濯機 (1/2ページ)

2016.01.13


上下2つの洗濯槽があるLGの洗濯機【拡大】

 毎年1月に、米ラスベガスで開催される家電見本市「CES」は、日本をはじめとする世界各国の家電メーカーが最新製品を展示する場となっており、日本ではなかなか見られないような家電製品も展示されている。

 現地時間6日から開催された「CES2016」でも、そうした製品がめじろ押しだった。たとえば、韓国LG電子が展示したドラム式洗濯機は、洗濯槽を上下に2つ設置した「ツインウォッシュシステム」を採用。別々に洗うことができるユニークな洗濯機だ。

 すでに昨年のイベントから展示している量産モデルであり、米国でもすでに販売中。だが、日本では販売されていない幻の製品だ。

 上段は、通常のドラム式洗濯機と同じ洗濯槽を搭載。下段には、手前に引き出すと洗濯槽が現れる方式を採用している。

 日本では、色柄物と白い物を分けて洗うといったことがあるが、米国や中国では、上着と下着を別々に洗うといった習慣があることに着目。こうした海外における洗濯の仕方を調査した結果、誕生したのがこの洗濯機だという。

 2つの洗濯槽を持つことで、上段の洗濯槽では上着を、下段の洗濯槽では下着を洗濯するといった使い方ができるほか、2つで同時に洗うことで短時間で洗濯を終わらせるメリットもあるという。また、洗濯物が少量の場合には、小さい洗濯槽だけを利用すれば省エネにもつながる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。