葬儀の知らせをするべきかどうか迷っています

2016.02.15

 Q.葬儀の知らせをするべきかどうか迷っています

 A.ぜひ参列してほしい人には直接、どちらでもいい人は間接的に連絡する。

 義母の訃報を受けたAさんは、とりあえず実父母に葬儀の連絡をしたところで、はたと疑問が思い浮かんだ。

 「実は私と仲の良かったいとこは一緒に遊びに行っていたので連絡したのですが、義母と特に接点のなかった私の兄弟にも連絡すべきかどうか迷ったんです」

 兄弟なら建前上、連絡しなければいけない気がするが、葬儀の参列はなかなか断りにくく、連絡すれば、半強制のようなもの。香典や交通費など金銭・時間に少なからぬ負担をかけるだけに、心苦しさは理解できる。

 血縁の遠い者に連絡しておいて、近い者に連絡しないのも確かに具合が悪い。あるいは、後から「教えてくれればよかったのに」と言われるも後味が悪いだろう。

 葬儀を知らせるか否かは単純な血縁関係だけでなく、人間的なつながりもあるから、距離感が難しいところがある。

 Aさんのように親しい人間が連絡すると、相手も断りづらくなってしまうから、こんな時はワンクッション置くのが得策。

 この例でいえば、Aさんの実父母から兄弟に伝えてもらう。断るもよし、香典だけ・弔電だけでもよし。おのおのが判断すれば、お互いに義理を果たせるわけだ。

 ぜひ参列してもらいたい人には直接連絡。相手の判断に任せる人には間接連絡。使い分けるのも大人の配慮というものだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。