【お金は知っている】中国は世界にリスクを捲き散らかしている 麻生財務相は上海G20で金融市場の自由化を迫るべきだ (1/2ページ)

2016.02.26

中国鉄道貨物輸送量と国際商品相場
中国鉄道貨物輸送量と国際商品相場【拡大】

 現在の国際金融市場のリスクは「4C」と呼ばれる要因で代表される。中国(CHINA)、国際商品(COMMODITY)、信用(CREDIT)、消費(CONSUMPTION)である。原油など国際商品市況は中国バブルの崩壊が最大要因だし、信用もその裏返しである債務は中国で膨らんでいる。つまり、4Cのうち3つのCが中国発である。

 その中国・上海で26日から2日間、日米欧や新興国などで構成される20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が開催される。当事者の中国は自国が危機の震源地呼ばわりされるのを嫌い、むしろ世界経済安定のために貢献していると強弁するだろう。

 論より証拠、北京の詭弁(きべん)に惑わされないために作成したのが本グラフである。中国の実需を反映する鉄道貨物輸送量の減少にぴったりと連動して、石油、鉄鉱石など国際商品相場が急落を続けている。底が見えないという不安が世界の株式市場に伝播している。

 気になるのは麻生太郎財務相と黒田東彦(はるひこ)日銀総裁の発言だ。黒田総裁は1月下旬の世界経済フォーラム年次会合(ダボス会議)で中国の資本規制強化を肯定した。国際通貨基金(IMF)による人民元の特別引き出し権(SDR)認定条件である金融市場の自由化約束違反を北京に勧めるというトンデモ発言である。浅川雅嗣財務官は別の場で、人民元のSDR通貨認定条件の自由化について「お経のようなもの」とうそぶいたと聞いた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。