【デジフジmini】クラウドデータを他のストレージに移動「Mover」

2016.03.04

クラウド対応ファイル転送サービス「Mover」(https://mover.io/)
クラウド対応ファイル転送サービス「Mover」(https://mover.io/)【拡大】

 無料で便利なクラウドサービス。なかでもオンラインでデータを保管してくれるストレージサービスは超便利。だが突然、サービスが停止してしまう恐れがつきまとう。そこで、転ばぬ先の杖。クラウド対応ファイル転送サービス「Mover」(https://mover.io/)を紹介しよう。

 Moverはこっちのストレージからあっちのストレージへ、簡単操作でファイルを転送してくれるウェブサービスだ。対応しているストレージはDropboxやOneDrive、Google Driveといったメジャーなものから、聞いたこともないマイナーなサービスまで多種多様。操作も簡単で、スタートすれば勝手に転送、完了すればメールでお知らせという親切設計だ。バックアップ機能も備えており、メーンで使用しているDropboxとサブのOneDriveを定期的にシンクロさせる、なんてことも可能だ。

 利用に必要なのはメールアドレスとパスワードのみ。簡単なユーザー登録ですぐに使えるようになる。まずはトップページを表示して、右上にある「CREATE ACCOUNT」ボタンをクリック。「Sign In」画面でメアドとパスワードを入力し「Create Account」ボタンをクリック。これだけだ。

 ログインしたら「Transfer Wizard」タブをクリックしコピー元とコピー先のストレージを選択する。「Source」がコピー元で「Destination」がコピー先だ。初回は表示名やアカウントの設定、Moverへのアクセス許可設定も行う。次に、それぞれ目的の階層へ移動し、画面右側のタブが「Migrate」になっているのを確認して「Start Copy」ボタンを押す。コピーは表示した階層以下すべて転送され、完了すると登録したメールアドレスへ知らせてくれる。途中経過は「Activity Logs」で確認できる。

 クラウドストレージは無料のサービスが多いだけに、突然停止になる可能性はゼロではない。万が一を想定し、移行手段を覚えておこう。 (毛利司津江)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。