なぜ住宅ローンがマイナス金利になると不況が始まるか (1/2ページ)

2016.03.06

マイナス金利で不動産市場はどうなる?
マイナス金利で不動産市場はどうなる?【拡大】

 住宅ローンの金利が下がり続けている。すでに10年固定で1%を切ったものまで登場した。

 1%未満になると、中小規模の銀行は固定費も賄えないという。しかし、他の銀行への対抗上、下げざるを得なくなるらしい。銀行にとっては、まさに受難の時代だ。

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は、必要であればマイナス幅を広げる用意がある、と発言している。われわれの銀行預金もマイナス金利になるのだろうか。あるいは住宅ローンを借りると、金利をもらえるようになるのか。

 すでに北欧のデンマークでは住宅ローンがマイナス金利だそうだ。それによって住宅を購入する人が増えて、価格が6割ほど上昇したという報道もあった。

 黒田総裁は2014年の10月に「異次元の金融緩和第2弾」として、マネタリーベースを大幅に増やした。その結果、彼が望んだように物価は上がらず、一部のエリアでは不動産市場がバブル化した。

 不動産市場がバブル化して利益を得るのは、一部の不動産オーナーと仲介業者だけである。それ以外の大多数の国民にとっては、まことに迷惑至極な話である。

 ところが、現在のマイナス金利の幅が広がって、「住宅ローンを借りると金利がもらえる」というデンマークと同じ状態になったとしよう。

 そうなれば、今はすっかり販売が冷え込んでいる郊外の新築マンションが飛ぶように売れることになる。その需要に支えられて、新たなマンションもどんどん開発される。しかも、建築費は高騰しているので価格は高くなるはずだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。