遺体の安置は病院でしてくれるか?

2016.03.07

 Q.遺体の安置は病院でしてくれるか?

 A.病院では安置できない。搬送は早さが勝負となるから、事前の準備を。

 2015年に行われた国勢調査の結果が発表され、1都3県への人口集中が進んだと報じられた。人が増えれば葬儀も増えるもので、火葬場のキャパを超えた都内では、数日にわたっての火葬順番待ちが珍しくなくなっている。何より困るのは、火葬までの遺体の安置場所だ。これはAさんの経験談。

 「てっきり火葬まで病院で遺体を安置してくれるのかと思っていましたが、搬送をせかされました。わが家は狭く、安置場所にあてもなかったので、病院と提携している葬儀社にお願いして斎場に運んでもらいました」

 臨終後すぐに火葬が執り行えるわけではないから、遺体の安置場所は決めなければならない。自宅はスペースの問題も発生するし、部屋を冷やさなければならないため、不便を強いられることもあり、渋る人も少なくない。利用している葬儀社と事前に相談して、亡くなったときの対応を詰めておくのが得策だろう。

 あてがなければ病院と提携している葬儀社が搬送をしてくれる。だが、向こうもビジネスだ。葬儀ごと受けられるよう、さまざまな営業攻勢を仕掛けてくる。それで納得のいく葬儀が挙げられればいいが、あれやこれやとオプションをつけてしまい、不必要な出費がかさむトラブルも起きている。

 何事も急場しのぎにならないよう、信頼できる業者と綿密な計画を立てておきたい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。