家電づくりの常識を覆す多様なデザイン アクアの「ライフスタイル冷蔵庫」 (1/2ページ)

2016.04.06

車いすでも使いやすいアクアの冷蔵庫「AQR−271E」
車いすでも使いやすいアクアの冷蔵庫「AQR−271E」【拡大】

 中国ハイアール傘下のアクアが、ライフスタイルに合わせた冷蔵庫や洗濯機の提案を加速する。日本市場向けの製品ラインアップも冷蔵庫で1・5倍、洗濯機で1・2倍に拡大する考えを示した。

 背景にあるのは生活の多様化。家族の人数×1人あたりの平均使用容量という計算から冷蔵庫のサイズや洗濯機の容量を決めていたのが一般的だったが、生活スタイルが多様化したことで、計算式が当てはまらなくなってきたと、アクアでは指摘する。

 単身世帯でも、週末にまとめて洗濯をしたい人やスポーツをしている人は少し大きめの容量の洗濯機を選ぶ方がいい。一方で家族がいても毎日洗濯する人は大容量の洗濯機は必要がないともいえる。

 冷蔵庫も、家でしっかり料理を作りたい人は、週末に買い物をして、料理の下ごしらえをし、それを冷凍。平日に解凍して調理をする使い方をしている。この場合には、一人暮らしでも冷凍室が大きめのものを選択する方がいい。

 機能面でも同様だ。夜や朝にしか洗濯しない人は、動作時の運転音が静かな洗濯機がいいし、洗剤アレルギーを持つ人はしっかりすすげる製品が適している。子供がいる家庭では、泥んこ汚れをしっかりと落とす機能を優先するほうがいいだろう。

 だが、多様化するライフスタイルに合わせて製品を選べるだけの品ぞろえができていないのが業界全体の反省点で、特に単身世帯や2人暮らし向けの中小型領域での品ぞろえが少ないとする。容量、機能、デザインといった観点から、ライフスタイルの違いに対応できる製品をラインアップしていくのが、今後のアクアの戦略というわけだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。