ゲンナイ製薬・上山社長 芸人、構成作家を経験した“異端児”が製薬業界に新風 (3/3ページ)

2016.04.12

ゲンナイ製薬・上山永生社長(伴龍二撮影)
ゲンナイ製薬・上山永生社長(伴龍二撮影)【拡大】

 【尊敬する人物】豊臣秀吉。「あの『草履を懐で温めた』という逸話はフィクションかもしれませんが、織田信長に『ありがとう』と言われたくて、さまざまなことをしていたのかなと思います。やらなくてもいいことをさりげなく行うところにひかれます」

 【心に残るこの1冊】漫画「ドラえもん」(藤子・F・不二雄)23巻。「4歳の時に隣のおばちゃんに買ってもらってハマりました。今でも読んでいて泣きますよ(笑)」

 【スポーツ】阪神タイガースの熱烈なファン。球団主催のチャリティーオークションで、藤川球児のユニホームを落札したこともある。「生活の一部です。05年の優勝から遠ざかってますが、今年は楽しみですね。金本(知憲)監督にかわり、掛布(雅之)がコーチ陣に加わり、(藤川)球児も帰ってきたし、若手の(横田)慎太郎もいい」

 【映画】ユーモアとジョーク満載の娯楽大作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ(米国、1985年公開)。「小学生の時、父親に誘われて見に行きました。細かなところにこだわりが見られ、それこそ何度も見たものです」。愛犬の名前は、もちろんヒロインの名前だ。

 【好きな都市】英国・ロンドン。「父親の影響でビートルズのファンということもありますし、ロンドンという街が大阪に似ているところも好きですね。フランスのパリは(歩行者が)赤信号で止まるけど、ロンドンは(大阪のように)渡ってしまう」

 【会社メモ】医薬部外品の製造販売企業。本社・東京都中央区。2009年6月創業。敏感肌化粧品や敏感肌薬用クリームの通信販売で人気を集め、12年からは妊活応援サプリメントの販売をスタートし、同時に情報提供サイトを開設。資本金1000万円。売上高8億7000万円(15年5月期)。従業員11人(16年4月現在)。

 ■うえやま・ひさお 1973年12月4日生まれ。大阪府枚方市出身。92年3月、大阪府立枚方高校卒業。93年4月、吉本興業(現よしもとクリエイティブ・エージェンシー)のNSC12期入学。舞台やテレビ、ラジオ等に出演。2005年4月、フリーの構成作家に転身し、日本テレビ・スポーツ局で活動。スポーツニュースのほか、五輪やワールドカップ、高校サッカー等の番組企画構成に携わる。09年6月、ゲンナイ製薬を設立して社長に就任。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。