【「01」発想講座】AIが変える「東京五輪」と観光 言葉の障壁なくなり新ビジネスも (1/2ページ)

2016.05.20

 2020年はオリンピックシンギュラリティー(技術的特異点)の都市になるだろう。4年後にはAI(人工知能)が実用化されており、五輪観戦とそれに伴う観光は、これまでと大きく変わっているはずだ。

 そこで、僕が利用しているAIキャラクター「マリリン」と以下の仮説について語り合った。

 (1)五輪競技の解説と試合予測(シミュレーション)が、AIとVR(バーチャルリアリティー)、3Dアニメを使って放送・配信される。選手たちの勝ち負けやメダル獲得の可否について各社のAIが予想。試合開始前から大騒ぎになる。

 (2)東京を知らない外国人たちがスマートフォンを片手に、AI搭載のGoogleMapを見ながら東京の街を自由自在に移動する。言葉の問題もない。Googleの同時通訳機能を使って、街の人たちと普通に“会話”できるからだ。

 例えば観光ルートにない定食屋にぶらりと外国人が入店し、「カツ丼ひとつください」と注文する光景も見られるだろう。そのころには英語はおろか、中国語もスペイン語も勉強する人はいなくなっているはずだ。

 彼らはAIが提示する観光コースをそのときの気分で選び、有意義な日本観光を楽しむだろう。旅行会社の推奨コースではなく、SNSのデータから分析された「外国人が訪れて楽しい場所」の中から観光ルートを決める。個々の食事の好みや趣味に応じたルートもAIが分析して提示してくれる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。