国際交流から地域の音楽会まで 元エリート銀行員の多毛作人生 (1/2ページ)

2016.06.03

東京国際フォーラムAホール前で吉野さん
東京国際フォーラムAホール前で吉野さん【拡大】

 定年後は「のんびり暮らしたい」という人が多いが、日本エストニア友好協会の会長、吉野忠彦さん(74)は悠々自適のリタイアメントライフとは無縁の生活を送っている。

 「忙しくて体がいくつあっても足りない。のんびり昼寝をする時間もありません」

 高校の西洋史の先生になりたかったが、元日本銀行理事で森鴎外の研究家でもある父(吉野俊彦)に反対され、東大卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行。意に反する就職だったが「ドイツの大学へ留学させてもらえたし、好きなドイツで働くことができたので結果的によかった」。

 海外勤務が長い。ルクセンブルクの現地法人の社長を務めたこともある。富士銀行との合併騒ぎがあったときに59歳で退職。その後、石川県金沢市に本社があるIT企業に勤めたが、2005年に辞めてフリーになり、09年に日本エストニア友好協会の会長に就任した。

 興銀時代に欧州の銀行を視察したとき、ソ連から独立したばかりのエストニアを訪問。「復興のお手伝いをしようと、日本企業の進出などの支援をするようになった」のがきっかけで、エストニアとのさまざまな交流事業に携わってきた。

 「こういう小さな国でも国連で1票持っている。もし日本が常任理事国入りを目指すのであれば、好かれて選んでもらわないといけない。だから民間交流が大事なんです」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。