〈企業編〉ジーニアス(1) スキル、経験を外注する (1/2ページ)

★〈企業編〉ジーニアス(1)

2016.06.08

ジーニアスのホームページ(https://www.seniorkatsuyou.com/)
ジーニアスのホームページ(https://www.seniorkatsuyou.com/)【拡大】

  • <p>三上俊輔社長</p>

 年収数千万円クラスの転職、いわゆる“ヘッドハンティング”を生業とするジーニアスが、シニア人材のアウトソーシング事業を行っている。また、最近リニューアルした同社サイトの“シニア活用・com”は、シルバー人材センターから監査役まで、幅広いシニア向け転職の情報が満載だ。三上俊輔社長(32)にその狙いと活用法を聞いた。

 ■シニアも納税者側に戻ってほしい

 三上社長は2006年、早稲田大学卒業後、独立系エグゼクティブサーチ会社であるサーチファーム・ジャパンに入社。11年、同社から組織戦略および技術コンサルティング事業を分社化し、ジーニアスを設立、代表取締役に就任。保育園送迎もこなすイクメンでもある。

 なぜヘッドハンティングのジーニアスが、シニアの転職サイトをオープンしたのか。

 「現在65歳以上であるシニアの就業率は、約2割です。これを8割にして、シニアに働いて納税者側にカムバックしてほしいと願っています。シルバー人材センターなどへ行けば、小遣い稼ぎくらいの仕事はあります。しかし、シニアの知見を生かせる仕事ではないですよね。企業に急に定年をなくせ、と言っても実現するわけがないので、生まれたのがこの“シニア活用・com”のサービスです」と三上社長。

 具体的に言うと、年齢不問で、一定のスキルと経験値を評価する求人を増やし、雇用のミスマッチを減らそうということだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。