俳優業にFMラジオでDJも 三毛作目はシニア俳優の養成 (1/2ページ)

2016.06.10

シニア専門の芸能プロ社長として多忙な上野さん
シニア専門の芸能プロ社長として多忙な上野さん【拡大】

 同じものを2度作るのは「二期作」だが、俳優の上野淳さん(59)がいま取り組んでいるシニアタレントの養成は別の作物。本業以外にラジオのパーソナリティー、芸能プロダクションの経営者と「三毛作」の仕事をこなしている。

 福岡生まれの大阪育ち。大阪芸術大学を卒業後、シナリオライターを目指して東京へ。

 「一旗揚げようなんて青雲の志があったわけではない」というが、人生はどう転ぶかわからない。入所した劇団テアトル・エコーの付属養成所は「1年で振り落とされて、プータローになっちゃった」と笑う。土木作業員のアルバイトをするなどの苦労はあったが、映画「ガキ帝国」(井筒和幸監督)でデビュー。俳優としてはまずまずの滑り出しだった。

 日活ロマンポルノに出演し、東映ヤクザ映画に出るようになったあたりから、俳優としての色が変わり始めた。「特殊な役ばかり」でこわもてのヤクザとか暴力金貸し、犯人役、強姦魔などの悪役がほとんど。「お茶の間のお父さん役はやったことがない」と苦笑する。

 生活のために4年間、新人俳優に演技を指導する講師となったことが転機になった。

 「たまたま雇われた先が、シニアタレントがたくさんいるプロダクションだったんです」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。