人工知能が“働く人の幸福感が高まる”助言 日立が開発

2016.06.28

 日立製作所は27日、働く人の行動データを収集することで、「上司に会うのは午前中がおすすめ」などの助言をする人工知能(AI)を開発したと発表した。2016年度内にも企業などへの販売を目指す方針だ。

 働く人の動きから幸福感を判断できるシステムを開発。助言は幸福感を高めるように設定しているといい、気持ちよく働くことで、企業の生産性が高まることも期待できるという。

 助言を受けるには、同じ職場の人たちが名札型の端末を首にぶら下げる必要がある。端末のセンサーで誰と会ったかや体の動きの情報を集める。4週間ほどで各個人のスマートフォンにAIが助言をするようになる。

 「同僚のAさんと会話をしましょう」といったアドバイスのほか、会話時間や退社時間の目安なども示す。収集したデータや助言は、上司や会社は閲覧できないようにし、プライバシーは守れるようにした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。