独ロボット大手が中国企業の買収受け入れ

2016.06.30

 ドイツの産業用ロボット大手クーカは29日までに、中国家電大手の美的集団による買収提案を受け入れる方針を明らかにした。ドイツでは、技術流出を危惧する立場から中国企業による買収に政治家などから反対意見が出ていたが、買収が前進する可能性が出てきた。美的の傘下に入ることで、中国市場の開拓を加速させる構えだ。

 クーカによると、両社はドイツでの雇用や拠点の維持を盛り込んだ協定に調印した。協定の期間は2023年までで、現在の経営戦略の維持なども含まれるという。

 美的は、持ち株比率を30%超まで引き上げる計画。中国メディアによると、実現すればクーカの筆頭株主となる。

 クーカは、日本の安川電機やファナック、スイスのABBと並ぶ世界の四大産業用ロボット会社の一角を占める。(共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。