左党の公認会計士が杜氏に 「飲める酒蔵」で日本酒振興 (1/2ページ)

2016.07.22

櫂入(かいいれ)と呼ばれる撹拌(かくはん)の作業をする宮井さん
櫂入(かいいれ)と呼ばれる撹拌(かくはん)の作業をする宮井さん【拡大】

 公認会計士が居酒屋をオープンしたという話を聞いて、ずいぶん思い切った転身だなと驚いた。が、筆者の早とちりだった。

 「テーマを日本酒に特化し、仕事の比重を日本酒業界にシフトしたということです」

 昨年10月、東京・神田に日本酒バル「にほんしゅほたる」を開店した宮井●(=矢の大が母、右に攵)臣(としおみ)さん(52)は、中小企業の再建を専門とする公認会計士・税理士。

 都内の大学を卒業後、国家資格の公認会計士試験に合格。大きな監査法人に入ったが、大企業相手の仕事は「おもしろくなかったので」3年で退職。その後、ベンチャー企業の経営に関わり、地ビールの事業を立ち上げた。

 「7年間責任者を務め、中小企業の社長って大変なんだなということがわかったので、また会計の世界に戻った」

 2002年2月に東京・銀座に宮井公認会計士事務所を設立。「逆転社長塾」を主宰し、事業再生コンサルタントとして中小企業の経営支援や、苦境に陥った酒蔵の再建に取り組んできた。

 もともとお酒大好き。蔵元に対して経営のアドバイスをする中で、日本酒の伝統のすばらしさを再認識。「私も飲食店をやってそれを伝えたいなと。やりがいがあるし、おもしろい」

 東京では初めての日本酒ブルワリーパブ(醸造所併設型パブ)だ。宮井さんは店主であり杜氏(とうじ)。昨年12月に酒造免許を取得し、店内に設けた1坪程度の「醸造所」で仕込む。「日本で一番小さい酒蔵です」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。